災害への取り組み

原発は最も高価な発電方法になってしまった。

災害への取り組み    2011/04/09    

今回の原発事故で今後どれくらいのお金がかかるのだろう。

福島県の原発周辺の方々への保証金。
土壌汚染での被害金額。
海産物への被害。
近隣の操業出来なくなった工場の被害金額。
電力不足で起きた関東東北の操業時間の短縮による被害金額。

復興にかかる費用。
アメリカ軍の費用。
自衛隊の費用。
消防署や警察の費用。

被爆者の治療費。
ストレスが原因の一般の方々の医療費。

廃炉にかかる費用とその後の監視にかかる費用。
事故による日本経済への影響と損失。

まだまだ有りそうだけど・・・

不確かな見積もりしか出せないけど間違いなく言えるのは、

原発の発電コストは巨額になった。