災害への取り組み

梅干(うめぼし)

ブログ    2013/01/06    

梅干(うめぼし)、あの酸っぱい梅干(うめぼし)を食べた事ありますか?

ご飯に梅干(うめぼし)は最高のオカズですね。

私は梅干(うめぼし)が大好きです。

梅干(うめぼし)を想像してください。

そこに存在しない梅干の話しをしただけで唾が出て来ます。

...

2012年12月7日に三陸で津波警報が出ました。

http://www.yomiuri.co.jp/weather/tsunami/20121207172253.htm

17時18分、大きな揺れがありました。

しばらくして防災無線から津波警報が出ました。

伊里前福幸商店街では各店舗で声を掛け合い素早く高台の中学校に全員が避難しました。

迅速で冷静な行動でした。

中学校の体育館はすぐに避難所になりました。

ストーブや毛布が準備され、中学生がお茶を配っていました。

避難中に夕食の時間になりお菓子を持っていた人は周囲の人達に分けました。


高台から自宅の仮設住宅に帰ろうとしていた方の後日のお話

下から凄い勢いで車が上って来たので道を譲って停車したら前に進めなくなった。
一旦止まったらもう無理(笑)
警報が解除されるまで高台にいた。
2メートルと放送されてももっと大きな津波が来るかもしれないと思った。


近隣の方々

◇やっぱりドキッとしますね。

◇自宅は山の中だけど、自分だけの問題じゃないので海の見える高台に行きました。

◇誰かが逃げ後れていないか気になりました。


南三陸町に実家のある方々

◇2011年の事をすぐに思い出しました。

◇しばらくして夢を見ました。


高台の仮設住宅等の方々

◇高台の自宅に避難して普通にご飯の準備をしました。
店は低地にあるけど津波が来たら諦める。

◇警報が解除されてから子供達を迎えに行きました。


たまたま45号線を走っていた方

◇通行止めになったのでコンビニで時間をつぶしてました。
帰りが遅くなりました。


※問題解決の為ではなく起こった事を記事にしました。
...

梅干の酸っぱさを思い出して唾液が出る現象は事実です。

各自の記憶は様々です。

笑いながら話す人、少し顔が曇る人、様々です。

私は、委託販売用の商品を積んであった車で高台に避難しました。

(自分)◇商品を万が一濡らしたら弁済出来なくなる。
他は諦めてこれだけは守ろう。


堤防の無い伊里前で出店している商店主の気持ちは推測するしかありません。

低地に加工工場を再開した方々やガソリンスタンド、寿司屋さん、コンビニ等も低い場所にあります。