データを守ろう(クラウドドライブ)

快適な仕事環境への長い物語    Windows    2016/07/21

今日もWindowsが起動しなくなったトラブル相談電話がありました。

いますぐパソコン内のデータを別の場所にコピーしましょう。

明日もPCが起動する保証はありません。

過去にPCトラブルが何度もあったので、USBメモリにデータを保管したまま編集している人がいます。

写真データがなければ十分間に合います。

自分の場合は、よく使うデータはクラウドドライブに保管、万が一の時捨てても惜しくないデータはPC内、過去の財産は外付けデバイスに、保管しています。

購入した音楽データもクラウドにあるので必要な時にダウンロードしてます。

クラウドに保管してあるデータはiPoneでも見たり送ったりできるのも便利だし、パソコンが壊れてもいろんな方法で仕事を継続できます。


Macのキーボードが反応しなくなった・・・

快適な仕事環境への長い物語    マニアックな話題    2018/09/02

そうなんです。

メインマシンで使っているMacBook Airのキーボードがどうやら壊れたらしいのです。

反応しないのは・・・

Control(コントロール)キー
Windowsでコピーや貼り付けをするときに使いますよね。

左Shift(シフト)キー
大文字、小文字の切り替えや記号入力で使います。

Alt(アルト)キー
Windowsキーのことです。これが使えないということはキーボードでメニューを開けないということです。

MacBookのキーボードは使いにくくなりました。

というわけで、外付けキーボードが登場し仕事に支障はありません。

でも修理が可能なら修理して使いたいなと思い、

アップルにキーボード修理を相談したら、最大5万円かかるというwww
5万円あれば、デスクトップのMac Miniが新品で買えるんですよ!!!

修理なんかしないで、新品買うかぁ?

消費税を入れても修理代より新しいMac Miniの方が安いって

どういうことよ!!!
まてよ・・・この値段出せば中古のMacBookが買えるかもしれないぞ。

ちょっと検索してみるかな・・・

今使っているMacBook Airは2014年のモデルでCPUはCore i7、メモリ8ギガ・・・だからぁ

・・・・・

・・・・・

いろいろ探していたらとんでも無いMacBookProを見つけてしまいました。

※ここにあったYoutube動画は無くなりました。

そうだ!これだ!
どうせデスクトップのMac miniを買うなら、これでもいいか?!

17インチモニターのMacbook Proですよ。

古いから、ちょっとは安くなってるかも・・・

野外ライブでCDを使うときにも使えるし、画面が大きいから見やすいだろうなぁ・・・

気づかぬうちに、妄想が始まり、迷走の旅が始まっていました。

つづく


Macbook Pro 17インチが欲しい!(かも?)

快適な仕事環境への長い物語    MacBook Pro 17-inch    2018/09/02

なに?58,000円!

安い!

でもアップルストアのMac Miniは、41,000円・・・

探せばきっとある!

あった!!!


売り切れかぁ・・・

USBポートが一個壊れています。

画面上に縦筋が出ています。

使えるけど、不具合もあるよという品物なら2万円前後で買えるんですね〜。

他には何かないのか???

探し回っていたらいつの間にか寝落ちして目が覚めたらあることに気づきました。

現在の自宅でのPC環境は、

Macbook Air 13インチに、
テレビディスプレイ(1920 × 1080ピクセル)と、
キーボード、
トラックボールマウス
を繋いでいます。

Macbook Airというデスクトップパソコンになっています。

17インチいらないじゃん!!!

やっぱりMac miniがベストチョイスなの???


Mac miniは、1.2キロ + 0.1キロ = 1.3キロ

Macbook Air 13インチは、1.35キロ + 0.2キロ(ACアダプタ)= 1.45キロ

事務所と自宅の行き来ではMac miniのほうが軽いんですね〜

まてよ?

パソコンを持ち歩く必要があるのか?


事務所にiMacを置いておけばいいじゃん、(^^)俺って頭いい…

4万円に消費税と送料で快適な環境が手に入る!

と、ここまで妄想して気づいた。

そんなお金持ってない!
つづく


素晴らしい結末

快適な仕事環境への長い物語    マニアックな話題    2018/09/04

お金が無いという致命的な問題があっても、Mac探しの旅が続きました。

で、前回の現状分析を思い出しました。

自宅では、

Macbook Air 13インチに、
テレビディスプレイ(1920 × 1080ピクセル)と、
キーボード、
トラックボールマウス

というわけで、こうなりました。

大きな画面のディスプレイ
打ちやすくて疲れないキーボード
使い慣れたトラックボールマウス
MacOSが動くハードウエア

ノートパソコンだけの時と比較すると仕事の効率が上がりました!!!

いろんなことがやり易くなりました。

オフィスや自宅ではこういう環境が良いんだなと実感します。

持ち歩くのはタブレットが良いですね。

ふと、『ノートパソコンをデスクトップ風に使ったら便利になります。』と、一言で済むお話をここまで長くする必要があるんだろうか?

いやいや、この失敗談は誰かの役に立つはず、ディスプレィやキーボードが壊れても、こういう使い方ならまだまだ使えるということ。

古いデスクトップ用モニターをお持ちの方は是非試して見てね。


災害時に役立つネット端末は?

快適な仕事環境への長い物語    災害と情報収集    2018/09/06

北海道地震の一日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるよう、お祈り致しております。

本日(2018年9月6日)午前3時6分ごろ北海道で震度6の地震がありました。

衝撃だったのは北海道全域で停電が起きた事です。

復旧に長い時間がかかりそうだというその後の報道にも驚きました。

2011年の東日本大震災の停電も長引きました。

スマホやiPadで情報の収集と発信をしていたのを思い出しました。

長時間の停電でも情報収集に使えるiPadを周囲の方にオススメしていた理由だったのですが、すっかり忘れていたので記事にしょうと思いました。

宮城県南三陸町の通っていた避難所の電力が復旧したのは4月15日でした。

停電になるとデスクトップパソコンは使えません。

バッテリーが内蔵されている端末は発電機などで交代で充電できます。

太陽光発電の出来るモバイルバッテリーを使っても充電できるのでスマホやiPadは災害時に役立ちます。


日が出ていれば家族への安否を知らせるための電力程度はためることができます。

iPadよりもiPhoneのほうが電力を節約できますが、画面の大きいiPadは文字を大きくできるので高齢の方にも見てもらえます。

iPhoneのテザリングを始めたのも東日本大震災がきっかけでした。

Android携帯電話にも同じ機能があると思いますので、いざという時のために使えるようにしておきましょう。

ノートパソコンもテザリングでネットに接続できます。

災害時の長時間の停電で役立つものとして、

・スマートホン
・太陽光で充電できるモバイルバッテリー

が、あります。

無くても良いが、あれば便利なものとして、

・iPad(タブレット)

発電機やコンセントのある車があれば、

・バッテリーが長持ちするノートパソコン

も、役立ちます。

もう一回Macbook Pro 17インチ探そうかなぁ・・・

災害時はノートパソコンは強力な情報発信ツールになります。


【快適な仕事環境への長い物語】

  全てのカテゴリ