災害への取り組み

南三陸町の被害と東日本大震災の被害を混同しないようにしましょう。

災害への取り組み    2011/04/04    

南三陸町(2011年2月)人口17,666/男性8,655/女性9,011

南三陸町公式ホームページより抜粋
東北地方太平洋沖地震に係るプレス発表資料(2011-3-30)
搬入遺体数(3会場) 328体(前日より 6体増)
うち身元確認済み 322体(前日より 3体増)
避難人員 9,420人(前日より95名増) ※避難所: 45箇所

南三陸町での被害は上記のようになっています。

全人口が17,666人なのに1万人を超える死者・行方不明者の被害が起きたと錯覚しないようにしましょう。
避難者数を見ても南三陸町だけで行方不明者が1万5千人になる事はありません。


東日本大震災から3週間以上が経ちますが、これまでに死亡が確認された人は4日午前10時現在で1万2000人を超え、1万5000人以上が行方不明のままになっています。

 警察庁のまとめによりますと、4日午前10時現在で地震・津波による死者は1万2157人、警察に届け出があった、行方不明者は1万5496人となっています。死者の数が最も多いのは宮城県の7431人、次いで岩手県が3540人、福島県が1126人となっています。

TBSニュース(04日11:04)